初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

M.ビアッジ、テストをキャンセル

M.ビアッジ、テストをキャンセル

M.ビアッジ、テストをキャンセル

第4戦フランスGPの翌日、HRCの合同テストはルマン・サーキットで行われたが、マックス・ビアッジは決勝レース前のウォームアップ走行で転倒した際に腰を強打したことから、テストをキャンセルした。

「技術問題を解決するための新しいパーツをテストするプログラムがあったが、ルマンを発たなければいけない。不運にも、日曜朝の転倒でバイクに乗ることが出来ない」と、レプソル・ホンダのライダーは説明した。

「レース後、気温が低下するにしたがって、痛みが増した。腰に血腫があり、大きく腫れ上がっている。ジーンズのボタンを閉めることが出来ない。最もダメージを受けているのは、腰椎の仙骨のあたりだ。」

「左膝も強打し、負傷具合を確かめるために一刻も早く検査が必要だ。」

「激しくバイクが脊椎に落ちてきたから、助かったと言わなければいけないと考えている。プレテクターが唯一ない部分に強烈な衝撃があったから、脊椎が折れたと思った。今は次戦イタリアGPまでに回復することだけを考えたい。」

Tags:
MotoGP, 2005, Max Biaggi

Other updates you may be interested in ›