初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルシャン、継続して代役参戦へ

マルシャン、継続して代役参戦へ

マルシャン、継続して代役参戦へ

カンペテーラ・レーシングは、次戦イタリアGPに、負傷中の関口太郎の代役として、ユーゴ・マルシャンを継続して起用することを決定した。

3月のヘレス公式テストの際に、右膝と右脚大腿骨を骨折した関口太郎は、完治までに時間が必要なことから、オランダGPへの復帰を目指して、リハビリに専念することを決断。一方で、チームは開幕戦から代役として起用しているフランス人ライダーを2週連続のグランプリに再起用する予定だが、カタルーニャGPに関しては、正式に決定していない。

「ムジェロにはもう一度走るけど、その次のカタルーニャGPに関しては参戦に必要な資金が不足している」と、地元フランスGPでは予選中に右手を負傷して決勝レースをキャンセルしたマルシャンは説明する。

「ムジェロまでに2週間のブレーキがあるのは幸運だ。資金を募る時間があるけど、怪我も治さないと。」

Tags:
250cc, 2005, GRAN PREMIO ALICE D'ITALIA, Taro Sekiguchi

Other updates you may be interested in ›