初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

記録が続出する125ccクラス

記録が続出する125ccクラス

記録が続出する125ccクラス

ルマンで開催された前戦フランスGPの125ccクラスで、多くの記録が塗り替えられた。

・ 開幕戦スペインGPから4戦連続4人の勝者が誕生。過去、顔ぶれが全く異なったのは1951年と2000年の2回のみ。

・ 初優勝を達成したトーマス・ルティは、スイス人としては1989年ベルギーGP250ccクラスのジャック・コルヌ以来。125ccクラスでは1983年スウーデェンGPのブルノ・ネウブレル以来の優勝となり、スイス人最年少優勝者となった。

・ ルティのポールポジション奪取は、1989年チェコGP80ccクラスのステファン・ドルフリンガー以来。125ccクラスでは1986年イギリスGPのブルノ・ネウブレル以来。

・ ポルトガルGPで初優勝を達成したミカ・カリオは、フィンランド人としては1975年ユーゴスラビアGP350ccクラスのペンティ・コルホネン以来。

・ 4戦連続して表彰台をアプリリア、ホンダ、KTMが分け合い、それぞれ優勝を飾っている。

・ 4戦を終え、8人が表彰台を獲得。マティア・パシーニ、ガボール・タルマクシ、エクトル・ファウベル、セルジオ・ガデアの4人は初めて表彰台を奪取。

・ 43戦連続して2連勝なし。

Tags:
125cc, 2005, GRAN PREMIO ALICE D'ITALIA

Other updates you may be interested in ›