初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

中野真矢:「タイヤに関しては自信を持っています」

中野真矢:「タイヤに関しては自信を持っています」

中野真矢:「タイヤに関しては自信を持っています」

昨年の決勝レース、中野真矢はロングストレートを最高速近いスピードで走行している時に、リヤタイヤのトレッドが剥離するトラブルに見舞われ、激しく転倒した。

1年振りに再びムジェロに挑んだ中野は、初日に合計49ラップを走行。昨年の決勝レースのベストタイムを1.250秒更新する1分51秒494をマークし、Ninja ZX-RRとブリヂストンの戦闘力がアップしていることを証明した。

「転倒のことは、たまに頭を過ぎりますが、ブリヂストンがたくさんのタイヤを準備してくれ、日曜に向けて2タイプいいタイヤが見つかりました。タイヤに関しては、自信を持って行けます」と、初日のセッション終了後に振り返った。

「すごく暑かったですが、雨に見舞われたルマンに比べれば走りやすいです。午前中はブレーキングの安定性と方向転換に問題がありました。エンジンブレーキとフロントエンドのセットアップが必要ですが、午後にはだいぶ良くなりました。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO ALICE D'ITALIA, FP2

Other updates you may be interested in ›