Tickets purchase
VideoPass purchase

M.カリオ、好発進

M.カリオ、好発進

M.カリオ、好発進

シリーズ第5戦イタリアGPの予選初日フリー走行1は3日、ムジェロ・サーキットで行われ、ミカ・カリオが唯一2分台を突破した。

気温20度。路面温度16度のドライコンディションの中、ポイントリーダーは2番手以下に1秒以上の大差をつける1分59秒804をマーク。初セッションを圧倒的な速さで支配した。

2番手には、地元のマルコ・シモンセリが入り、ルーカス・ペセック、マイク・ディ・メッリミオがトップ4に並ぶ。前戦フランスGPでポール・トゥ・ウインを決めたトーマス・ルティは最多の20ラップを走り、KTM勢のフリアン・シモンとガボール・タルマクシが続いた。

前戦予選初日に負傷して決勝レースをキャンセルしたマティア・パシーニは12番スタート。同じく予選2日目の転倒で右鎖骨を骨折した葛原稔久も復帰。初のムジェロを意欲的に走って27番手。対照的に小山知良は僅か13ラップの走行に止まり、40番手だった。

Tags:
125cc, 2005, GRAN PREMIO ALICE D'ITALIA, FP1

Other updates you may be interested in ›