初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、ムジェロ4連覇へポールポジション奪取

V.ロッシ、ムジェロ4連覇へポールポジション奪取

V.ロッシ、ムジェロ4連覇へポールポジション奪取

シリーズ第5戦イタリアGPの公式予選は4日、ムジェロ・サーキットで行われ、バレンティーノ・ロッシが逆転でムジェロ4度目のポールポジションを奪取した。

気温26度。路面温度43度のドライコンディションの中、ポイントリーダーは最後のタイムアタックで、昨年セテ・ジベルナウが樹立したポールタイムを0.330秒更新する1分49秒223を叩き出し、ムジェロ通算4度目のポールを獲得。キャリア通算145戦目を通算38度目のトップグリッドから、地元グランプリ4連覇へ挑戦する。

初日はイタリア勢を抑えて暫定ポールを奪取したジベルナウは、0.138秒差で2番手。最多27ラップを周回したマックス・ビアッジも昨年のポールタイムを更新して、シーズン初の1列目を確保した。

ヤングライダーの筆頭ニッキー・ヘイデンとジョン・ホプキンス、地元ファクトリーのドゥカティを駆けるロリス・カピロッシが2列目に並び、地元ライダーのマルコ・メランドリ、午前のフリー走行でトップだったカルロス・チェカが続いた。

1年前、ロングストレートを最高速近いスピードで走行している時に、リヤタイヤのトレッドが剥離し、激しく転倒した中野真矢は、昨年のタイムを0.951更新。9番手に入れば、右手骨折により3戦を欠場した玉田誠も最後に1分50秒台を突破。明日の10番グリッドから迎える。

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO ALICE D'ITALIA, QP

Other updates you may be interested in ›