初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティ&カピロッシ、今季初の表彰台を奪取

ドゥカティ&カピロッシ、今季初の表彰台を奪取

ドゥカティ&カピロッシ、今季初の表彰台を奪取

ドゥカティのファクトリーチーム、ドゥカティ・マールボロは地元レースとなったシーズン第5戦イタリアGPでロリス・カピロッシが3位表彰台。カルロス・チェカが5位でフィニッシュして、今季最高のパフォーマンスを披露した。

「まるで125ccクラスのレースだった。大型スクリーンに映し出された映像を見たときも、そう思ったけど、みんないいリズムで走っていた」と、同胞マルコ・メランドリとバトルを制したカピロッシは振り返った。「ブリヂストンと共同で、チームはベストなセッティングを見つけるために素晴らしい仕事をした。バイクはパーフェクトだった。」

「朝のウォームアップ走行を終え、少し硬めのタイヤを選択した。だから、序盤は速く走れなかった。同様にタイヤの消耗を気にして多少ライディングスタイルを変えた。加速をできるだけソフトにしたんだ。不運連続だったシーズン序盤の後だけに、すごく嬉しい。応援してくれたたくさんのファンに感謝したい。すごく感動的だった。」

「今年最高の週末だった。序盤は100%の状態でなく、グリップがなく、スロットルを開けるたびにスライドしてしまった。月曜にはここでテストを実施する。予選用タイヤでのライディングを良くしたい。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO ALICE D'ITALIA, RAC

Other updates you may be interested in ›