初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.バイン:「僕たちは進歩している」

S.バイン:「僕たちは進歩している」

S.バイン:「僕たちは進歩している」

プロトンKRにとって、ムジェロは重要な進歩を果たしたことを証明した舞台となった。

シェーン・バインは、決勝レースではポイント圏内に僅か2秒及ばず、16位でフィニッシュしたが、公式予選では時速328.2キロに到達。カワサキやスズキ勢を上回るトップスピードをマークし、ムジェロから投入したKTM製の新型エンジンが進歩していることを証明すれば、ルマンから投入した新型シャーシの操縦性は優れていることを、バイン自身が強調した。

「長く、タフなレースだった。序盤はライバルたちについて行けるだけの十分なスピードがなかった」と、元英国スーパーバイク選手権王者は振り返った。「前を走るライダーに喰らいつき、最終的にロルフォを抜くことができた。それに、もう少しでスズキのケニーを捕らえるところだった。」

「もっと加速が必要だ。まるで大きな250ccバイクを走らせているようだ。トップスピードはいい。改良されたシャーシで、フロントのフィーリングは良くなっている。僕たちは確実に進歩している。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMIO ALICE D'ITALIA

Other updates you may be interested in ›