初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、今季5勝目

V.ロッシ、今季5勝目

V.ロッシ、今季5勝目

シリーズ第6戦カタルーニャGPの決勝レースは11日、過去最高となる105,698人(3日間合計191,976人)の観衆が詰め掛けたカタルーニャ・サーキットで行われ、現王者バレンティーノ・ロッシが今季5勝目を飾り、5連覇に向けて大きく前進した。

気温32度。路面温度36度のドライコンディションの下、3番グリッドからスタートしたポイントリーダーは、地元初優勝を目指すポールポジションのセテ・ジベルナウと、昨年のバトルを再現するような一騎打ちを展開。ラスト3ラップ目のストレートエンドでライバルを抜き去ったイタリア人ライダーは、最速ラップを叩き出すと、最後は1.094秒差でカタルーニャGP4勝目を達成した。

3位争いは、マルコ・メランドリがアレックス・バロス、ニッキー・ヘイデンを僅少差で抑え、今季3度目の表彰台を奪取。マックス・ビアッジ、コーリン・エドワーズ、トロイ・ベイリスが続けば、12番グリッドの中野真矢は地元ルベン・チャウスの前となる9位でフィニッシュした。

「つらかったです。スタートで数台抜け、トップが見える位置につけて、狙い通りでした。8番手をキープしようと思ったのですが、後半ペースが上がらず、最終ラップにベイリスに抜かれてしまいました」と、ブリヂスト勢トップの中野は振り返った。「僕自身はBSで一番。決勝に備えてやってきた成果がでたと思いますが、後半のペース落ちは予想外でした。」

玉田誠は10番グリッドから上位グループで走行していたが、6周目に転倒。リタイヤを喫した。

チャンピオンシップは、ロッシが25ポイントを加算して、通算145ポイントに到達。メランドリに58ポイント差、マックス・ビアッジに68ポイント差と引き離した。中野は40ポイントで9位。玉田は16ポイントのまま、15位に位置する。

次戦オランダGPは、アッセンで今月25日に決勝レースを迎える。

Tags:
MotoGP, 2005, GRAN PREMI GAULOISES DE CATALUNYA, RAC

Other updates you may be interested in ›