初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

スペイン選手権第2戦バレンシア・ラウンド

スペイン選手権第2戦バレンシア・ラウンド

スペイン選手権第2戦バレンシア・ラウンド

CEVスペイン選手権の第2戦バレンシア・ラウンドは19日、リカルド・トルモ・サーキットで行われ、125ccクラスではマテオ・トゥネスが、フォーミュラエクストリームとスーパースポーツはダビッド・デ・ヘアとビクトル・カラスコがそれぞれ優勝した。

8000人以上の観衆が詰め掛けた中、イタリア、イギリス、ドイツ、オランダ、スウェーデン、アルゼンチン、アメリカからの参加者を含む61人が参加した軽量級では、アスパル・チームに所属するトゥネスがポールポジションから2位に8秒以上の大差をつけて初優勝。2年前まで世界舞台にフル参戦していたステファノ・ビアンコと元王者エミリオ・アルサモラ率いるチームから初参戦しているアレックス・エスパルガロの実弟ポールが3位に入った。

MotoGPアカデミーでは、開幕戦で転倒リタイヤを喫したジョシュア・ソマーが、1列目からスタートしたエフレン・バスケスとのバトルを制して5位でフィニッシュ。ブラッドリー・スミスは11位。メイク・ミンネロップが12位。イオン・ガリードは17位。ダニエル・ウェブはリタイヤした。

フォーミュラエクストリームでは、元MotoGPライダーのダビッド・デ・ヘアがポールポジションのハビエル・デル・アモールとイバン・シルバのバトルを制し、今季初優勝を果たした。

スーパースポーツは、ビクトル・カラスコがポール・トゥ・ウインで、開幕戦勝者のアルトゥーロ・ティソンを下したが、ロサイリ・ナショナル・カップを制したマシェル・モハメッド・アル=ナイミは、予選を突破できなかった。

第3戦は7月17日にカタルーニャ・サーキットで行われる。

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›