初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

リズムを作るKTM勢

リズムを作るKTM勢

リズムを作るKTM勢

シリーズ第7戦TTアッセンの予選初日フリー走行1は23日、アッセン・サーキットで行われ、再びKTMがリズムを作った。

気温26度。路面温度29度のドライコンディションの中、改修されたコースでトップタイムをマークしたのは、ガボール・タルマクシ。初セッションで2分14秒211をマークすれば、過去に2度の表彰台を獲得した経験があるマヌエル・ポジャーリが最多18ラップ目に0.052秒差に接近。前戦を含め今季4度のポールポジションを奪取しているミカ・カリオが続いた。

4番手以降にはマルコ・シモンセリ、トーマス・ルティ、セルヒオ・ガデア、マイク・ディ・メッリオ、イムレ・トース、ファブリツイオ・ライが続き、前戦で独走Vを決めたマティア・パシーニは10番手スタートだった。

アッセン初挑戦の小山知良と葛原稔久は、それぞれ16ラップと17ラップを走り、17番手と24番手だった。

Tags:
125cc, 2005, GAULOISES TT ASSEN, FP1

Other updates you may be interested in ›