初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、今季6勝目

V.ロッシ、今季6勝目

V.ロッシ、今季6勝目

シリーズ第7戦TTアッセンの決勝レースは25日、75周年を迎えたアッセン・サーキットで行われ、ポールポジションのバレンティーノ・ロッシが5戦連続6勝目を挙げ、ヤマハのライダーとしては初の5連勝と初のアッセン2連勝をもたらした。

気温23度。路面温度30度のドライコンディションの中、イタリア人ライダーは10ラップ目にポイントランク2位のマルコ・メランドリを抜くと、最終ラップには最速ラップを叩き出し、今季4度目のポール・トゥ・ウインを飾った。

「難しかった。ハードなバトルだった」と、ロッシは振り返った。「今回はマルコとの対決だった。序盤はアグレッシブさに欠けていたからタイムロスしてしまったけど、トップグリープについて行けた。朝の雨で路面のグリップが変化してしまったから、誰にとっても簡単ではなかった。終盤にアドバンテージがあったけど、マルコが再び接近して来たので、最後は全力でプッシュした。」

6番グリッドのコーリン・エドワーズは今季2度目の3位表彰台を獲得。ニッキー・ヘイデンが続き、2人のアメリカ人ライダーが、次戦アメリカGPを前に好パフォーマンスを見せれば、通算150戦目に挑んだセテ・ジベルナウは5位。マックス・ビアッジ、アレックス・ビアッジとホンダ勢が続いた。

今季最高の4番グリッドからスタートした中野真矢は、8位フィニッシュ。ブリヂストン勢で2戦連続3度目のトップとなった。

ドゥカティ勢のカルロス・チェカとロリス・カピロッシがトップ10入り。『バットマン』玉田誠は、14位でチェッカーを受けた。

チャンピオンシップは、ロッシが通算170ポイントに到達。メランドリに63ポイント差、ビアッジ83ポイント差とアドバンテージを広げた。中野は48ポイントで9位を維持。玉田は18ポイントで15位につける。

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES TT ASSEN, RAC

Other updates you may be interested in ›