初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

葛原稔久:「テストで気分転換ができました」

葛原稔久:「テストで気分転換ができました」

葛原稔久:「テストで気分転換ができました」

アッセンを土曜の22時に出発して、ブルノには翌日の19時に到着しました。テストをスタートしたのは月曜の昼頃から。日曜の四輪レースと雨の影響で、路面は汚れていましたが、初めてのコースでテストできたことは大きな収穫です。今回の2日間は、ガソリンとエンジンのセッティングがテストの中心。ガソリンがなくなる4時まで、合計70ラップぐらい走り込みました。

アッセンでは予選でエンジントラブルに、決勝レースでは1ラップの1コーナーでロッドアームが折れるアクシデントに見舞われ、リタイヤを強いられましたが、今回のテストで気分転換することができました。

7戦を終了しましたが、正直あまり振り返りたくないです。今季の目標は毎戦トップ10入りですが、クリアーできたのはムジェロだけ(9位)。スタートが良くないこと。ペースが上がるのが遅いことが原因なので、今後の課題は、スタートを決めて、最初から前のグループについて行けるペースで走ることです。そのためにも、予選で5位だったバルセロナのように、速いライダーと一緒に走り、いいグリッドを確保します。

この1ヶ月のブレーキは、日本に帰国せずにイタリアに残って、自転車やマラソンを中心にフィジカルトレーニングを進めます。時間もあるので、次のドニントンとザクセンリンク攻略に向けて、プレステやDVDでコースをチェックするつもりです。

Tags:
125cc, 2005

Other updates you may be interested in ›