初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

貴重な経験を武器にラグナセカに乗り込むドゥカティの両雄

貴重な経験を武器にラグナセカに乗り込むドゥカティの両雄

貴重な経験を武器にラグナセカに乗り込むドゥカティの両雄

ドゥカティ・マールボロのロリス・カピロッシとカルロス・チェカの両雄は、93年と94年にアメリカGP250ccクラスに参戦した経験を持つ。

「250ccクラス時代にラグナセカを走ったときは、気に入っていたけど、MotoGPマシンでどのように仕事していいのか分からない」と、93年にポール・トゥ・ウインを決めたイタリア人ライダーは戸惑いを隠さずに語った。

「エキサイティングなチャレンジだ。下り坂ではリアブレーキを効果的に使い、登り坂ではフロントが上がらないように気をつけないと。」

「セッティングの仕事に取り組む必要があるけど、僕たちのマシンは戦闘力が高まり、ブリヂストンも懸命な仕事を進め、多くのタイヤを準備してくれる。ラグナセカを決して簡単に攻略できないけど、もう一度あの舞台で走ることが楽しみだ。」

チャカは93年に14位。94年に7位のリザルトを残している。「上がり、下がりの多いコース。まるでモトクロスだ!」

「MotoGPマシンで走るのが楽しみだけど、決して楽ではないだろう。今、バイクは良く走るし、タイヤと一緒に期待に応えてくれると願う。11年振りだから、全く新しいサーキットだと感じるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2005, RED BULL U.S. GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›