初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

アメリカンたちのロッシ包囲網

アメリカンたちのロッシ包囲網

アメリカンたちのロッシ包囲網

11年ぶりに復帰するアメリカGPの開催を前日に控え、3人の地元アメリカ人ライダーがプレスカンファレンスに登場。最高峰クラスにおける国別優勝回数部門の2位につけるアメリカにとって、約6万人の応援を受ける地元ライダーたちが、00年10月パシフックGP以来となる通算151勝目を狙う。

「バレンティーノは今季レベルアップした。彼のレベル追いつかないと」と、ニッキー・ヘイデンは語った。「個人的にはグランプリ毎に成長していると考え、次のステップアップが心配だけど、このサーキットはその機会としては完璧だ。子供の頃から、ラグナセカでグランプリを走るのが夢だったから。」

「トロイ・ベイリスは、僕のスーパーポール(スーパーバイク世界選手権時代に樹立)は初セッションの15分後には破られるだろうと言った」と、全米選手権やスーパーバイク世界選手権に優勝を飾った経験があるコーリン・エドワーズはジョークを飛ばした。「MotoGPマシンでどのように走るのか興味深いけど、僕は勝ちたい。それだけを考えている。」

記念すべき150勝目を決めたケニー・ロバーツは、父親キングの栄光を称える特別ヘルメットを準備していることを説明した。

Tags:
MotoGP, 2005, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Valentino Rossi

Other updates you may be interested in ›