Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

N.ヘイデン(公式予選1位):
「ここ数日ビックなセンセーションだ。僕にとって、ここ2年間はフラストレーションだった。MotoGPに参戦する前まで獲得し、レースに勝つことに慣れていたから。この週末はだんだんと良くなっている。ファンにプレゼントをあげることができたらビックだろう。明日のこの調子で行きたい。チーム全員がビックな仕事をした。バイクは良く走る。レースを心配していない。ただエンジョイしたいだけだ。」

V.ロッシ(公式予選2位):
「とても嬉しい。このコースで抜くことは難しいから、好タイムをマークすることが重要だった。僕たちはニッキー・ヘイデンに接近している。明日は好スタートを切ることが大切だ。たくさんのライダーが衝撃を与えたがっているから、困難なレースとなるだろう。」

A.バロス(公式予選3位):
「すごく嬉しい。久しぶりの上位に進出できたし、ここではパスすることが難しいから、少しでも前のポジションでいることが重要だ。セッション終盤は渋滞していて難しかったけど、自信を持って走った。好レースで締めくくりたい。」

M.ビアッジ(公式予選7位):
「僕もチームも3列目7番手からのスタートを気に入っていない。昨日はいい仕事をした後、今朝はもっと良くなるだろうと期待していたけど、リアのサスペンションを変更した結果、期待していた結果を得られず、遅くなってしまった。だから、最初の通りに戻す必要があった。好レースをする可能性が、スタートが重要だ。」

玉田誠(公式予選9):
「抜糸はまだですが、手術におかげで、いい状態で走れています。問題ないです。公式予選で1桁のグリッドを確保しましたが、まだ決勝用タイヤとセッティングが決まっていないので、明日の朝もう一度確認して、決勝につなげたいです。」

中野真矢(公式予選10位):
「前を見ると、アメリカ人やスーパーバイクの経験者など、このサーキットを知っているライダーたちが並んでいるので、そう考えると10位は悪くないと思う反面、もう少し上位に食い込みたかったのが本音です。悔しいです。明日は、セカンドグループについていって、6位から8位を目指します。」

M.メランドリ(公式予選11位):
「僕にとっては難しい2日間だった。いいフィーリングを見つけられなかった。午後に転んでしまった後、落ち着いてセッションを終わらすことに専念した。明日は厳しいレースが待っているだろう。ベストな形で終えたい。」

S.ジベルナウ(公式予選13位):
「ウォームアップ走行ですごくたくさんの仕事をしなければいけない。後退してしまった原因を追究しなければいけない。今日一日中、昨日よりも早く走った。明日はハードに働かなければいけないが、非常に厳しいレースとなるだろう。」

Tags:
MotoGP, 2005, RED BULL U.S. GRAND PRIX, QP

Other updates you may be interested in ›