初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ヘイデン&ホンダ、ラグナセカ初制覇

ヘイデン&ホンダ、ラグナセカ初制覇

ヘイデン&ホンダ、ラグナセカ初制覇

ニッキー・ヘイデンは、地元で開催されたシリーズン第8戦アメリカGPで初のポール・トゥ・ウインを決めた。

02年にAMA全米スーパーバイク選手権を制覇したケンタッキー出身のヘイデンは、世界最高峰に挑戦してから38戦目にして初のポールポジションと優勝を飾った。「素晴らしい!こんなにグッドなんて、想像できなかったよ。02年にアメリカを出てから勝つことができなかった。グランプリに勝てて本当に嬉しいよ。特にファンの前だったね。パーフェクトなウィークエンドだった。全力を尽くし、最後にプレミアムに達成した」と振り返った。

ヘイデンは、アメリカ人としては00年10月のパシフィックGP以来、73戦ぶりの勝利を挙げ、グランプリ期間中に17人目のMotoGP殿堂入りを果たした同胞の英雄エディー・ローソンから優勝トロフィーを手渡された。

23歳のヤングライダーは、ヤマハ(5勝)とカジバ(1勝)が勝利を挙げてきたラグナセカで、所属するホンダに初旋風をもたらした。

Tags:
MotoGP, 2005, RED BULL U.S. GRAND PRIX, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›