初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP、欧州2連戦へ

MotoGP、欧州2連戦へ

MotoGP、欧州2連戦へ

11年ぶりに復帰したアメリカGPを経て、MotoGPは1ヶ月ぶりに欧州大陸に再上陸。サマーブレーク前に、イギリスGP&ドイツGPの2週連続グランプリに突入する。

ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、初めて挑戦したラグナセカで3位を獲得。開幕戦から6勝を含む8戦連続の表彰台で、表彰台獲得ランクの5位(通算109回)に浮上した。静かな暮らしを求め、ロンドンを活動の拠点するイタリア人ライダーにとって、今週末は2000年に最高峰クラスで初優勝を飾り、ペナルティーを科せられて3位に終わった03年を除いて、圧倒的な強さを誇示する第2のホームグランプリで、ライバルたちの挑戦を受ける。

ロッシが最も警戒するライバルの1人、チームメイトのコーリン・エドワーズは、地元レース2位で初の2戦連続表彰台を獲得。昨年のドニントンでは、当時のチームメイトのセテ・ジベルナウを破り、2位でフィニッシュしただけでなく、スーパーバイク世界選手権時代には2勝をマーク。初優勝のチャンスが来たと今グランプリへの意気込みを語っている。

前戦で初のポールポジションと初優勝を飾り、地元ファンを熱狂させたニッキー・ヘイデンは、ドニントンではここ10年間で8勝の強さを見せるホンダのトップライダーとして、勢いを持ち込みたいところ。さらに、アメリカ人ライダーとしはて、99年のケニー・ロバーツ以来となる2連勝に挑戦する。

ポイントランク2位のマルコ・メランドリは、前戦ではオープニングラップに転倒リタイヤを喫して、今季初の0ポイントに終わった。昨年はセッション中の転倒により、決勝レースをキャンセルしているだけに、これまでのパフォーマンスを取り戻したいところだ。

ラグナセカではジベルナウの追撃を最後まで抑えて4位に入ったマックス・ビアッジは、ポイントランク2位に7ポイント差に急接近。03年の優勝と2度の表彰台を獲得しているイギリスのサーキットで、ランク2位浮上を狙う。

右前腕の上がり症の手術を受けた玉田誠は、初のラグナセカで好パフォーマンスを披露。一時帰国して抜糸し、コンディションが上がってきた状態で昨年14位、一昨年13位のうっ憤を晴らしたいところ。もう1人、左手の骨折から復帰したトニ・エリアスは先週末にメディカルチャックを受け、徐々にコンディションが回復していることを確認した。

MotoGPの決勝レースは現地時間15時30分。日本時間23時30分にスタートする。

Tags:
MotoGP, 2005, betandwin.com BRITISH GRAND PRIX

Other updates you may be interested in ›