初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

パシーニ対タルマクシ

パシーニ対タルマクシ

パシーニ対タルマクシ

第7戦TTアッセンを終了して、昨年の新人王マティア・パシーニとハンガリー人ガボール・タルマクシの2人が、100ポイントでチャンピオンシップのトップに並ぶ。

それぞれ2勝をマークしている2人を追うのは、前戦でトップグループを形成しながら、優勝争いから離脱したトーマス・ルティとミカ・カリオ。スイス人ライダーは最終ラップにマルコ・シモンセリと接触。転倒後に10位でフィニッシュすれば、フィンランド人ライダーは、残り4ラップでクラッシュ。0ポイントに沈んだ。

元王者マヌエル・ポジャーリと最多13人を送り込むスペイン勢を代表するフリアン・シモンの2人は、安定した走りで、開幕戦から全戦でポイントを連取している。

2連戦を控えた日本勢では、小山知良は日本で、葛原稔久はイタリアで休養とトレーニングに取り組んできた。

Tags:
125cc, 2005, betandwin.com BRITISH GRAND PRIX, Gabor Talmacsi, Mattia Pasini

Other updates you may be interested in ›