初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

関口太郎:「レースに戻れるので、とても嬉しいです」

関口太郎:「レースに戻れるので、とても嬉しいです」

関口太郎:「レースに戻れるので、とても嬉しいです」

関口太郎は、3ヶ月半遅れで開幕戦を迎える。

開幕戦前のヘレス公式テストの際に、右膝と右脚大腿骨を骨折した関口は、サーキット近郊の病院で緊急手術を受け、横浜市内の病院でリハビリに専念。ようやく歩行ができる状態まで回復し、先月末に入院先から退院すると、欧州に渡る前に、日本国内のサーキットで走行を行った。

「レースに戻れるので、とても嬉しいです」と、関口は満面の笑みを見せた。「最初は苦戦すると思いますが、後半戦に向けて、脚を含めていい方向にもって行き、ブルノからはいい感じで走れるようにしたいです。」

「長く入院していたし、他のライダーはもう7戦も走っているので、最初はそう簡単に行かないと思いますが、焦らずに、じっくりといきます。」

カンペテーラは、関口の代役にユーゴ・マルシャンとミチェレ・ダネーセを起用していた。

Tags:
250cc, 2005, betandwin.com BRITISH GRAND PRIX, Taro Sekiguchi, Campetella Racing

Other updates you may be interested in ›