初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.ロレンソがトップタイムをマーク

J.ロレンソがトップタイムをマーク

J.ロレンソがトップタイムをマーク

シリーズ第9戦イギリスGPの公式予選1は22日、ドニントンパークで行われ、ホルヘ・ロレンソが暫定ポールポジションを奪取した。

気温18度。路面温度22度のドライコンディションの中、午前のフリー走行1で1番時計を刻んでいたスペイン人ライダーは、ラスト9分にトップに浮上。昨年のポールシッター、アレックス・デ・アンジェリスに抜かれたが、終了間際には逆転に成功した。

青山博一とダニ・ペドロサが暫定1列目を確保。タイムアタック中に転倒を喫したケーシー・ストーナー、右前腕の手術を受けたばかりのアンドレア・ドビツィオーソ、ランディ・ド・プニエが続き、ドニントン初挑戦の高橋裕紀が最多の24ラップを走り、8番手暫定2列目に入った。

前戦勝者のセバスチャン・ポルトは11番手。地元期待のチャズ・デェビスは12番手。新型KTMでデビューしたアンソニ・ウエストは15番手に入った。

負傷後、初の公式セッションに挑んだ関口太郎は、1分36秒665で24番手だった。

Tags:
250cc, 2005, betandwin.com BRITISH GRAND PRIX, QP1

Other updates you may be interested in ›