初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ロバーツ、3年振りの表彰台

K.ロバーツ、3年振りの表彰台

K.ロバーツ、3年振りの表彰台

ケニー・ロバーツが、02年9月の第12戦リオGP以来となる表彰台を奪取した。

決勝レース前のウォームアップ走行でトップタイムをマークしていたアメリカ人ライダーは、16番グリッドからオープニングラップで9位にジャンプアップ。3ラップ目にはトップグループに加わり、最終ラップにはアレックス・バロスをパスして、2位でフィニッシュした。

「久しぶりだ。自信があり、プッシュでき、トップグループで走ることができた。ブリヂストンタイヤはパーフェクトだった」と、00年王者はレースを振り返った。「誰もマークせずに走った。バレンティーノに逃げられてしまってからは、自分のリズムを継続して、バロスと2位争いをした。ビックなリザルト。ファンタスティックだ!」

「タフなレースだったけど、簡単に前に出ることができた。このライダーたちとトップグループで走ることはファンタスティックだ。楽しかった。今日は勝利の可能性を含めて、自分のリズムだけを考えて走らなければいけなかった。後ろを見たくなかった。簡単に転んでしまうから状態だったから、最後までリズムを維持することだけに集中した。」

チームマネージャーのポール・デニングは、2人のパフォーマンスに高評価を与えた。「ケニーはあ自分の誕生に花を添えるビックなプレゼントを得た。タイトルを獲得した当時と同じような走りだった。」

「ジョン・ホプキンスはバイザーに問題があり、コースアウトするなど、ペースを維持するのに苦戦した。ピットインを余儀なくしたが、その後もトップグループと同等なペースで走り、ポイントを奪取した。戦闘力があることを証明した。」

Tags:
MotoGP, 2005, betandwin.com BRITISH GRAND PRIX, Kurtis Roberts

Other updates you may be interested in ›