初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.シモン:「ビックチャンスを活かした」

J.シモン:「ビックチャンスを活かした」

J.シモン:「ビックチャンスを活かした」

また1人のスターが誕生した。開幕戦からポイントを連取しているフリアン・シモンは、雨により中断されたレインレースでも、安定したパフォーマンスを見せ、今季5人目の初優勝者となった。

一気に時の人となった18歳のスペイン人ライダーは、決して浮かれることなく、今週末のシリーズ第10戦ドイツGPに向けて、「好きなコース。昨年は9位で、初めてトップ10に入った。モチベーションも高まっているし、もう一度いいパフォーマンスをしたい」と、バルセロナ出発す直前に抱負を語った。

アルベルト・プーチに発掘されたシモンは、古都トレドからバルセロナに拠点を移し、スペイン選手権に参戦。2年前に当時初参戦のマラグーティから初参戦すると、昨年はアンガイア・レーシングへ移籍。ホンダを駆けると、中盤以降に頭角を現し、有力チームからの打診の中を受ける。その中から、今年は3人体制で臨むKTMを選択。オフシーズンに鎖骨を骨折したために、走り込みができないまま開幕戦を迎えたが、安定した走りを見せていた。

「ドライの時はエンジンに問題があったけど、ウェットとなり、ビックなチャンスが巡ってきた。そのチャンスを活かそうと全力を尽くし、終盤にアタックを仕掛けた。この勝利は僕にとってすごく大きな意味がある」と、初優勝を振り返った。

「KTMで僕だけが優勝していなかったけど、全くプレッシャーはなかった。チームは僕が初めて合流した時から、僕を信頼してくれていた。これからもコンスタントに行かないと。もし、レースがドライコンディションだったら、エンジンに問題があって、もっと苦戦していたから。」

「とにかく、僕を支えてくれた全ての人に感謝したい。KTM、レッドブル、家族、アルベルト。決して僕を見捨てなかった。」

Tags:
125cc, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›