初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

C.チェカ、最高峰クラス通算150戦目へ

C.チェカ、最高峰クラス通算150戦目へ

C.チェカ、最高峰クラス通算150戦目へ

雨のドニントンで今季3度目の5位でフィニッシュしたカルロス・チェカは、今週末のドイツGPで最高峰クラス通算150戦目を迎える。

史上3人目の記録大台に向けて、ザクセンリンクでは常に好感触で走れることを強調。サマーブレーク前に、今季最高位を狙う。

「特別なサーキット。低速な第1セクションを除いて好きなコースだ。常にエンジョイできるコースで、高低差もある。」

「低速サーキットは、大型でポテンシャルがあり、タイヤ幅があるMotoGPマシンにとって、決して簡単ではない。抜きどころがあまりなく、トップスピードでプッシュするところがほとんどない。スロットルを全開で走るには、おそらく、1周で僅か7%ぐらいだろう。」

「最大数のポテンシャルは意味が全くない。低中速域のセッティングが必要だ。ベースのセッティングはあまり変更したくない。ブリヂストンがこの路面に上手く適応してくれることを期待する。」

Tags:
MotoGP, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›