初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、抜群の安定感で2連覇へ前進

D.ペドロサ、抜群の安定感で2連覇へ前進

D.ペドロサ、抜群の安定感で2連覇へ前進

ダニ・ペドロサは今週末、昨年シーズン3勝目を飾ったザクセンリンクに挑む。

3年間の125ccクラスでは1度も表彰台を獲得できなかったドイツの舞台で、昨年は2位以下に4秒以上のアドバンテージをつけて優勝。先週末のドニントンではウェットレースでの自己最高位4位でフィニッシュし、2連覇に向けて、順調に高ポイントを稼いでいる。

「昨年のザクセンリンクは、とても良かった。5番グリッドから速いペースで走れ、最後には2位に5秒近いタイム差でゴールできた。」

「昨年のドニントンも優勝したけど、今年は天候が影響して、4位だった。今週末は雨が降らないことを祈るよ。」

「ウェットでのだいぶ走れるようになって来た。でも、やっぱりドライで走りたい。チャンピオンシップではある程度のアドバンテージがあるけど、守りに入ってはダメ。今年の250ccクラスはレベルが高い。」

04年に中量級に転向してから、24戦に参加したペドロサは第2戦スペインGPで転倒して以来22戦連続して、トップ6以内でフィニッシュ。抜群の安定感でランク3位に浮上した。

250ccクラス連続トップ6入りランク:

1. L.カドローナ: 34戦連続(90年~92年)
2. S.ポンス: 26戦連続(88年~89年)
3. J.レドマン: 22戦連続(60年~62年)
3. D.ペドロサ: 22戦連続(04年~05年)
5. R.ウォリドマン: 21戦連続(96年~97年)

Tags:
250cc, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›