初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デ・アンジェリスが、スペイン勢を抑える

デ・アンジェリスが、スペイン勢を抑える

デ・アンジェリスが、スペイン勢を抑える

シリーズ第10戦ドイツGPの公式予選1は29日、ザクセンリンクで行われ、アレックス・デ・アンジェリスがトップタイムをマーク。暫定ポールポジションを奪取した。

気温34度。路面温度44度のドライコンディションの中、昨年250ccクラスで初の表彰台を獲得したサンマリノ人ライダーは、最終アタックでホルヘ・ロレンソとダニ・ペドロサを上回る1分25秒272をマーク。逆転でセッションを制した。

朝のフリー走行1でトップだったロレンソと昨年の勝者ダニ・ペドロサ、昨年のポールシッター、セバスチャン・ポルトが暫定1列目に並べば、青山博一、ケーシー・ストーナー、ランディ・ド・プニエ、アンドレア・ドビツィオーソが続いた。

初のザクセンリンクに挑む高橋裕紀はトップから1.681秒差の1分26秒953で13番手。復帰2戦目の関口太郎は1分28秒655で24番手だった。

Tags:
250cc, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, QP1

Other updates you may be interested in ›