初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

主役たちのコメント

主役たちのコメント

主役たちのコメント

A.バロス(初日総合1位):
「2度の転倒に少し失望したけど、僕たちの仕事にハッピーだ。午前中にチームはバイクの戦闘力を高めてくれた。1度目の転倒はおそらくタイムを出そうと力み過ぎたからだろう。でも、2度目は全くプッシュしていないので説明が難しい。身体のダメージはない。」

S.ジベルナウ(初日総合2位):
「すごく暑く、バイクとタイヤ、ライダーも耐えている。個人的には調子がすごくいい。このサーキットには違いをつけるところが2ヶ所あるから、好セッティングを見つけないと。今日一日で大きく前進した。柔軟に考え、ここで好リザルトを獲得できると信じている。」

N.ヘイデン(初日総合3位):
「ソフトに走りたかった。進歩したけど、ラップタイムに反映しなかった。そこで、少しアグレッシブに走ったら、上手く機能し始めた。コースは狭く、バンプーも多いから、攻撃的に行かないと。」

C.チェカ(初日総合4位):
「今日の仕事に満足。問題を解決しながらセッティングを試し、気分良く走れるようになってきた。明日は雨が降るかもしれないから、仕事を続けないと。ドライでは、ドゥカティはよく走る。タイヤも同様に機能する。」

中野真矢(初日総合5位):
「新しいブリヂストンタイヤと新しいエンジンが届き、バランス良く機能したので、走るのに集中できました。コンスタントに速く走れたので、嬉しいです。明日は天候が良くないそうですが、雨でも、もう少し詰めれば行けそうです。」

玉田誠(初日総合6位):
「午後に大きな変更をしたら、少しずつ良くなって、まとまって来たという感じです。路面温度が高いのでタイヤチョイスが難しいですが、だいたい選択するタイヤが決まっているので、大丈夫でしょう。」

V.ロッシ(初日総合13位):
「厳しい一日だった。午前中に転倒。僕たちはバイクのフィーリングを改善するために働かなければいけない。特にフロント部分に関して、解決できていない。100%で走ることができなかった。」

O.ジャック(初日総合15位):
「新しいチームで、カワサキは僕のために3台目のバイクを準備してくれた。事前テストをしただけだから、適したオーガナイズを見つけるのは難しい。それに加えて暑く、テクニカルなコースだからフィジカルに厳しい。全体的に2度のセッションには満足している。1.5秒ほどタイムを伸ばした。」

Tags:
MotoGP, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND

Other updates you may be interested in ›