初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デ・アンジェリスが今季初のトップグリッド奪取

デ・アンジェリスが今季初のトップグリッド奪取

デ・アンジェリスが今季初のトップグリッド奪取

シリーズ第10戦ドイツGPの公式予選2は30日、ザクセンリンクで行われ、暫定ポールポジションのアレックス・デ・アンジェリスが、昨年7月のイギリスGP以来となる中量級2度目のトップグリッドを奪取した。

気温25度。路面温度40度のドライコンディションの中、サンマリノ人ライダーは、最終アタックで昨年セバスチャン・ポルトが樹立したポールタイムを0.460秒更新する1分24秒618を叩き出し、ダニ・ペドロサに僅少0.096秒差で競り勝った。

1列目にはホルヘ・ロレンソとポルトが並び、暫定5位だった青山博一が0.815秒差で5番手につけた。

暫定13位だった高橋裕紀は、初日より1.484秒更新。トップから0.851秒差に接近する1分25秒469で今季最高位となる6番グリッドを獲得。ケーシー・ストーナー、ランディ・ド・プニエ、エクトル・バルベラ、アンドレア・ドビツィオーソがトップ10入りした。

復帰2戦目の関口太郎は初日より、0.705秒タイムを伸ばし、明日は23番グリッドから決勝レースを迎える。

Tags:
250cc, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, QP2

Other updates you may be interested in ›