初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ウォームアップ走行:メランドリ、ペドロサ、タルマクシがトップ

ウォームアップ走行:メランドリ、ペドロサ、タルマクシがトップ

ウォームアップ走行:メランドリ、ペドロサ、タルマクシがトップ

シリーズ第10戦ドイツGP決勝レース直前のウォームアップ走行は31日、ザクセンリンクで行われ、マルコ・メランドリ、ダニ・ペドロサ、ガボール・タルマクシがトップタイムをマークした。

気温18度。路面温度22度のドライコンディションの中、5番グリッドのイタリア人ライダーは14ラップを走り、1分23秒867をマーク。ドゥカティ勢のカルロス・チェカに0.082秒差、ロリス・カピロッシに0.097秒差をつけた。4番手以降にはアレックス・バロス、セテ・ジベルナウ、バレンティーノ・ロッシが続き、ポールポジションのニッキー・ヘイデンは序盤にコースアウト。7番手だった。

中野真矢は1分24秒229をマークして8番手。玉田誠は1分24秒636で14番手。15番手のコーリン・エドワーズまでが、トップから1秒以内だった。

250ccクラスでは、2番グリッドのダニ・ペドロサがホルヘ・ロレンソに0.626秒差をつければ、ポールポジションのアレックス・デ・アンジェリス、ランディ・ド・プニエ、青山博一が続いた。

今季最高位の6番グリッドからスタートする高橋裕紀は11ラップを走り、1分26秒498で9番手。関口太郎は1分29秒239で25番手だった。

125ccクラスでは、8番グリッドのタルマクシがトップ。前戦勝者のフリアン・シモン、S.ガデア、トーマス・ルティが続き、6番グリッドの小山知良が12番手。ポールポジションのミカ・カリオはトップから僅少0.759秒差の13番手だった。

Tags:
MotoGP, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, WUP

Other updates you may be interested in ›