初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

V.ロッシ、最終ラップに逆転V

V.ロッシ、最終ラップに逆転V

V.ロッシ、最終ラップに逆転V

シリーズ第10戦ドイツGPの決勝レースは31日、8年連続開催のザクセンリンクで行われ、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが最終ラップにトップを奪回。通算150戦目を今季8勝目、勝利数ランク3位のマイク・ヘイルウッドに並ぶ通算76勝目で祝い、ヤマハにファクトリー部門のランク3位に浮上する最高峰クラス通算139勝目をもたらした。

気温21度。路面温度29度のドライコンディションの中で、サマーブレーク直前のレースはオープニングラップ1コーナーの多重クラッシュで幕が開けると、5ラップ目にはジョン・ホプキンスがハードクラッシュを喫して、赤旗中断。25ラップの再レースとなり、イタリア人ライダーは最終ラップの1コーナーで、トップを走っていたセテ・ジベルナウのミスを見逃さなかった。

「最終ラップはタフなバトルになると思っていたが、ジベルナウがブレーキングでミスを犯し、1コーナーで抜いた。だから、思っていたよりもラクに勝てた。週末、特に金曜にたくさんの問題があったけど、最終的に優勝することができた。それが重要だ」と、ロッシは振り返った。

ポールポジションのニッキー・ヘイデンは、最後まで優勝争いを繰り広げ、ジベルナウに次ぐ3位でフィニッシュ。初優勝したアメリカGP以来となる今季2度の表彰台を奪取。4位争いはマックス・ビアッジがアレックス・バロスを抑えた。

再レースを9番グリッドからスタートした中野真矢は、徐々にトップグループに追撃。トップから4.557秒差の6位でフィニッシュした。

ポイントランク2位と3位のマルコ・メランドリとコーリン・エドワーズは7位と8位。ロリス・カピロッシは9位。再レースを14番グリッドからスタートした玉田誠は10位でチェッカーを受けた。

最高峰クラス通算150戦目のカルロス・チェカは9位走行中に転倒。地元アレックス・ホフマンとワイルドカードのオリビエ・ジャック、シェーン・バインはオープニングラップで転倒リタイヤした。

チャンピオンシップはロッシが236ポイントに到達。2位のメランドリに120ポイント差とアドバンテージを広げた。ジベルナウはチームメイトに1ポイント差に詰め寄って3位に浮上。エドワーズ、ビアッジが続く。

Tags:
MotoGP, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, RAC

Other updates you may be interested in ›