初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ハードクラッシュを喫したJ.ホプキンス

ハードクラッシュを喫したJ.ホプキンス

ハードクラッシュを喫したJ.ホプキンス

第10戦ドイツGPの初日にハードクラッシュを喫したジョン・ホプキンスは、第五左中骨を骨折。決勝レースに参加したが、6ラップ目にハイサイドから転倒を喫して、赤旗中断の原因を作ってしまった。

「不運にも金曜の負傷が悪化してしまった。左足の骨折は、骨折した骨が複雑にずれてしまった。」

「身体中を打撲した。金曜のキャリアの中で最悪の転倒の1つ。日曜はさらにその上のクラッシュだった。」

「責任は僕にある。『全力を尽くし、トップグループで走る』とコスタ医師に訴え、鎮痛剤を服用し、骨折した足にテーピングを巻いた。結果的に必要な感覚がなくなった。この足ではギアチェンジができないから、足を外していたけど、足がギアステップに当たり、2速に入って、放り出された。」

「これで夏休みに予定していたモトクロスのトレーニングができないし、レッドブルのプレモーションにも参加できない。ブルノに向けて、家で休養することが必要だ。」

Tags:
MotoGP, 2005, ALICE MOTORRAD GRAND PRIX DEUTSCHLAND, John Hopkins

Other updates you may be interested in ›