初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドゥカティと提携するシェル・アドバンス

ドゥカティと提携するシェル・アドバンス

ドゥカティと提携するシェル・アドバンス

ドゥカティにオイルを提供するシェルは、7年前にパートナーシップをスタート。スーパーバイク世界選手権の舞台で数々の成功を収め、03年からは共同でMotoGPに進出した。

シェルとドゥカティの関係は?

シェルは、ドゥカティの公道用バイクとサーキット用バイクの両分野で一緒に仕事をしています。シェル・アドバンスのオイル(ウルトラ4)は、MotoGPのデスモセディチGP5とスーパーバイクの999Rのエンジンを保護するために開発されたもので、ドゥカティの公道用バイクもシェル・アドバンスの工場から生産されたオイルを使用しています。コースでの分析は、レース用のオイルを開発するために役立つだけでなく、市販品にフィードバックされ、世界中のライダーを保護します。

どのようにレース用オイルを開発するのか?

シェル・アドバンス・ウルトラ4を開発する技術者は、シェル・アドバンスのレース部門があるドイツのハンブルグをベースとし、開発に取り組んでいます。レースエンジンに必要な高質のサンプルは、ドゥカティ・コルセに送られ、コーステストの前に、ベンチテストを実施します。シェルとドゥカティの技術者たちが納得したオイルだけが、レースに使用されます。

シェル・グローバルのスポンサーシップ・マネージャーを務めるカルロ・アルベルト・デル・マストロは、「ドゥカティとの技術協力関係は大変良好です。例えば、MotoGPプロジェクトに関しては、エンジンのデザイン段階から協力していました。これは、シェル・アドバンスがエンジンの重要な一部であることを意味し、使い捨てのオイルではないことを証明しています」と説明する。

「シェルVパワーは、デスモセディチのV4エンジンのために開発され、良好に機能しています。お互いの製品の開発を目的に、ほぼ毎日のようにボローニャのドゥカティ工場と連絡を取り合っています。当然、レースでのノウハウは市販品へフィードバックされ、シェルとドゥカティの顧客に有益をもたらします。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›