初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.ヘイデン:「もう一度優勝することが必要だ」

N.ヘイデン:「もう一度優勝することが必要だ」

N.ヘイデン:「もう一度優勝することが必要だ」

Q: バカンスのプランは?
A: アメリカに帰国する。やることがいっぱいあるから、まずはスケジュールを少し整理しよう。バカンスは実家で過ごす。完全なバカンスではないけど、少しは外部との接触を断って、休息を取って、それから次戦に向けてトレーニングを再開しよう。

Q: 君にとってバカンスとは?
A: もちろん、トレーニングは継続する。体調を崩さないため、少しでも身体を動かすことが大切だ。兄弟たちと一緒にサイクリングに出るだろう。楽しいし、体調を維持するのは適したトレーニング。ジムにも通うし、家の敷地内にあるコースでモトクロスもやるつもりだ。

Q: バカンス中にレースがしたくなることは?
A: 少しだけ。考えないということが難しい。数日間のバカンス後には、早くコースに出たくなる。3週間の辛抱だから嬉しいよ。

Q: 前半戦の評価は?
A: 僕たちは進歩したけど、実際にはもう少し良くなることを期待していた。雨に見舞われたエストリル、上海、ドニントンは本当に悪いレースだった。もっと上に行けたはずだ。ヘレスではもう3ラップほど我慢できたら、2位になれたはずだ。とにかく、僕たちは前進しているから、満足だ。常に良くしたいし、戦闘力を高めたいし、ポイントを奪取したいし、勝ちたい。だけど、たくさんのことを学んだから満足している。

Q: ここまでで最高の瞬間は?
A: もちろん、初優勝だ。それも、ラグナセカ。本当に特別な瞬間だった。

Q: では、最低は?
A: エストリルのレースだろう。最低の週末だった。シーズン最初の2戦は厳しかった。転倒で、僕自身にかなりダメージを受けてしまったけど、もうそのことは断ち切った。忘れたよ。

Q: 後半戦で期待することは?
A: もう一度優勝したい。ラグナセカが偶然の優勝でないことを証明するために勝利が必要だ。ザクセンリンクでは勝てる感触があったけど、もう少しだったけど、そうならなかった。

Tags:
MotoGP, 2005, Nicky Hayden

Other updates you may be interested in ›