初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.チェコット、ヤマハ初優勝をもたらしたベネゼエラ人

J.チェコット、ヤマハ初優勝をもたらしたベネゼエラ人

J.チェコット、ヤマハ初優勝をもたらしたベネゼエラ人

ジョニー・チェコットは、東欧の舞台ブルノでヤマハに初勝利をもたらした。

77年8月7日、シリーズ第10戦チェコスロバキアGPの決勝レースで、ベネゼエラ人ライダーはチームメイトのジャコム・アゴスティーニに25秒差と引き離し、ポールポジション、最速ラップ、優勝を飾った。

「スタートは悪く、最後尾からポジションを挽回しなければいけなかった」と、振り返ったチェコットはポールタイムを上回るタイムでライバルたちを抜いて行った。「ブルノは高速で、長い。僕はデイトナやイモラのタイプを好むけど、起伏のあるコーナーは走っていて楽しかった。」

75年350cc王者のチェコットは、77年開幕戦ベネゼエラGP500ccで4位になった後に左足骨折。復帰戦のスウェーデンGPで2位を獲得すると、フィランドGPで初優勝を飾り、ランク4位を獲得した。

「500ccキラスで勝つことは特別。なぜなら、最高峰クラスだからだ。だけど、当時は350ccクラスの方がバルは激しく、ハードだった。500ccクラスは好ライダーが多かったが、勝つのはそれほど難しくなかった。77年にタイトルを獲得するチャンスがあると考えたが、第2戦オーストリアGPの転倒で負傷してしまった。ビックシーズンになるはずだっただけに残念だったけど、ブルノでの勝利は大きな思い出だ。」

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›