初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、初日トップ

D.ペドロサ、初日トップ

D.ペドロサ、初日トップ

シリーズ第11戦チェコGPの公式予選1は26日、ブルノで行われ、ポイントリーダーのダニ・ペドロサが暫定ポールポジションを奪取した。

気温27度、路面温度37度のドライコンディションの中、スペイン人ライダーはタイムアップ直前に7番手から一気にトップに浮上する2分03秒184をマーク。午前のフリー走行1からセッションをリードしていたホルヘ・ロレンソを0.148秒差で逆転した。

前戦で今季2度目の表彰台を獲得した青山博一とケーシー・ストーナーが暫定1列目に並び、午前に2番手だったアンドレア・ドビツィオーソ、通算150戦目を迎える昨年の勝者セバスチャン・ポルト、前戦ポールシッターのアレックス・デ・アンジェリス、03年勝者ランディ・ド・プニエ、エクトル・バルベラ、シモーネ・コルシがトップ10入り。

転倒を喫した高橋裕紀は、トップから1.564秒差の2分04秒748で11番手。関口太郎は2分07秒333で24番手だった。

Tags:
250cc, 2005, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP1

Other updates you may be interested in ›