初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

S.ジベルナウ、2年連続のポールポジション奪取

S.ジベルナウ、2年連続のポールポジション奪取

S.ジベルナウ、2年連続のポールポジション奪取

シリーズ第11戦チェコGPの公式予選は27日、ブルノで行われ、ポイントランク3位のセテ・ジベルナウが2年連続のポールポジションを奪取した。

気温26度、路面温度41度のドライコンディションの中、スペイン人ライダーは昨年ポール・トゥ・ウインを飾った舞台で、03年にバレンティーノ・ロッシが樹立したベストポール1分58秒769を1.265秒更新する1分57秒504を叩き出し、予選最速ライダーを争うBMWアワーズでトップを奪回。明日の決勝レースで今季3度目通算10度目のトップグリッドから今季初優勝を狙う。

2戦連続3度目のポールポジションを狙ったニッキー・ヘイデンは、トップから0.047秒差で2番グリッドを獲得。3度のフリー走行で主導権を握っていたロリス・カピロッシは今季2度目の3番グリッドで1列目を確保した。

ポイントリーダーのロッシは4番グリッド。今季4度目となる1列目を逃した。マルコ・メランドリ、カルロス・チェカ、アレックス・バロス、ジョン・ホプキンス、コーリン・エドワーズ、マックス・ビアッジが続いた。

3人が参戦している日本勢では、中野真矢がトップから0.956秒差の1分58秒490で11番手。玉田誠は1分59秒610で12番手。ワイルドカードの青木宣篤は1分59秒495で16番手だった。

13番手に入ったトロイ・ベイリスまでが、ベストポールタイムを更新。KTM離脱により、今季初参戦となったジェリー・マクウィリアムスは僅か3ラップの周回で22番手に終わった。

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, QP

Other updates you may be interested in ›