初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

T.ルティがトップタイム

T.ルティがトップタイム

T.ルティがトップタイム

シリーズ第11戦チェコGPのフリー走行2は27日、ブルノで行われ、ポイントリーダーのトーマス・ルティがトップタイムをマークした。

気温19度、路面温度20度のドライコンディションの中、初日の公式予選1で暫定5位のスイス人ライダーは昨年のポールシッター、マルコ・シモンセリに0.291秒差をつける2分09秒139の一番時計を刻んだ。

3番手には暫定18位のセルジオ・ガデアが浮上。初日2度のセッションをコントロールしたKTMのガボール・タルマクシと暫定ポールのミカ・カリオが続いた。

6番手以降にはマイク・ディ・メッリオ、アレックス・マスボー、ファブリツィオ・ライ、ロレンソ・サネティ、サンドロ・コルテスが並ぶ。

日本勢では、暫定12位の小山知良が17周を走り、トップから1.745秒差の2分10秒891で16番手。葛原稔久は3.180秒差の2分12秒319で26番手だった。

Tags:
125cc, 2005, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, FP2

Other updates you may be interested in ›