初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ガス欠に泣いたジベルナウ

ガス欠に泣いたジベルナウ

ガス欠に泣いたジベルナウ

幸運の女神は、またセテ・ジベルナウに背を向けた。

今季3度目のポールポジションを奪取したスペイン人ライダーは、3年連続してバレンティーノ・ロッシとの優勝バトルを繰り広げたが、最終ラップにインジェクション・コントロール・システムにトラブルが発生。ガス欠となり、リタイヤを強いられた。

「僕たちは週末、ずっと完璧な仕事をしてきた。ウォームアップ走行でレースに勝つためのリズムがあることを確認した。そして、レースではそのリズムを維持することができなかった」と、失望の表情を隠せずにジベルナウは説明した。

「これまで苦しんできた問題も発生せず、ほぼ完璧な仕事でレースを迎えただけに、何が起こったのか誰か説明して欲しい。ガソリンがなくなってしまった。こんなことは起こってはいけないから、憤慨している。今季は週末ずっといい仕事をして、その後に悪いことや不思議なことが何度も起こっている。説明が必要だ。」

「今のように、これほど怒りを覚えるのは数少ないこと。しなければいけないと思う仕事をした。なぜリズムがなかったのが、誰か説明して欲しい。なぜだか知りたい。」

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›