初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

F.グレシーニ、ジベルナウのリタイヤを振り返る

F.グレシーニ、ジベルナウのリタイヤを振り返る

F.グレシーニ、ジベルナウのリタイヤを振り返る

セテ・ジベルナウは、バレンティーノ・ロッシとの優勝バトルを繰り広げていたが、マシントラブルにより、チェッカーを受けられずにリタイヤを余儀なくされた。

チームはブルノに延滞して、アジア遠征前の2日間のテストを実施するが、チームマネージャーのファウスト・グレシーニは、リタイヤの原因を説明した。

「最悪だと言わなければいけません。今回のレースでは運がありませんでした。インジェクション・コントロール・システムの問題により、最終ラップにガス欠となってしまいました。ガソリンを異常に消費してしまい、我々はどうすることもできませんでした。」

「これはガソリンをコントロールするシステムで、レース中一時的に消費を抑えます。このシステムが機能せず、消費が増しました。」

「今年は我々のシーズンではありません。いろいろなことが上手く行っていません。セテはいいバトルを行い、いいレースをして、最低でも2位を獲得できましたが、このような結果となりました。次戦は幸運に恵まれることを期待しています。運が必要です。」

「ライダーは、好レースをするために、レースに勝つために、戦ってきただけに、このように最終ラップにガス欠で終わってしまったことが残念です。好パフォーマンスで締め括る価値があっただけに、セテ、そしてホンダに対して残念に思いますが、これがレースです。これからは次戦に向けて前向きに考えます。」

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY

Other updates you may be interested in ›