初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レプソル・ホンダ、2位浮上

レプソル・ホンダ、2位浮上

レプソル・ホンダ、2位浮上

チャンピオンシップのチーム部門は、第11戦チェコGPが終了して、第2戦ポルトガルGPからトップに立つゴロワーズ・ヤマハが34ポイントを加算。2位以下に143ポイント差と大きなアドバンテージを得ている。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダはマックス・ビアッジの3位とニッキー・ヘイデンの5位により、27ポイントを加算。今季初めてランク2位に浮上した。

緒戦でセテ・ジベルナウの2位とマルコ・メランドリの3位により、最高のスタートを切ったモビスター・ホンダは、第2戦以降2位を維持。しかし、チェコGPではスペイン人ライダーがマシントラブリに見舞われてリタイヤ。イタリア人ライダーは6位でフィニッシュして、レプソル・ホンダに同ポイントに並ばれた。

4位以下にはキャメル・ホンダ、ドゥカティ・マールボロ、カワサキ、スズキ、フォルトゥナ・ヤマハ、コニカミノルタ・ホンダ、ダンティーン・プラマックが続く。

Tags:
MotoGP, 2005, GAULOISES GRAND PRIX ČESKÉ REPUBLIKY, Repsol Honda Team

Other updates you may be interested in ›