初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

N.テロール、日本GP欠場

N.テロール、日本GP欠場

N.テロール、日本GP欠場

ニコラス・テロールは、日本GPを欠場することとなった。

昨年スペイン選手権で4位を獲得して、カーハ・マドリッド・デルビ・レーシングからフル参戦している16歳のスペイン人ライダーは、3日(土)自転車トレーニング中に腹部の痛みを訴え、バレンシア郊外の病院に入院。脾臓を切除する緊急手術を受けた。

「友人と一緒にトレーニングする約束をしていて、家にある小さなコースでウォームアップをしていた。そこで転んでしまい、不運にもハンドルが腹部にぶつかった。直ぐに痛みを感じて、両親に病院に連れて行ってもらった。これで、日本に行けず、家で休養を強いられるから、ケガよりも自分自身に痛みを感じる。」

「僕にとっては来年に向けて、距離を走り、サーキットを知り、経験を積むことが重要で、時間との戦いは許されない。医師団はまだ復帰についての発言を避けているけど、僕はもう一度バイクに乗るために治療に専念したい。」

Tags:
125cc, 2005, Nicolas Terol

Other updates you may be interested in ›