初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

J.マクウィリアムス、MotoGP復帰を語る

J.マクウィリアムス、MotoGP復帰を語る

J.マクウィリアムス、MotoGP復帰を語る

ジェリミー・マクウィリアムスは、チェコGPで今季MotoGPデビュー戦を飾ったが、マシントラブルにより、リタイヤを余儀なくされた。

「もう一度MotoGPに走ることができた週末だった。しかし、完走できず、後味が悪い」と、ベテランライダーは昨季最終戦バレンシアGP以来の参戦を振り返った。

「ウォームアップ後、公式予選で僅か3ラップしか走れなかった自信が回復し、数人のライダーたちとバトルできる感触を得たが、キャリア最悪のスタートとなってしまった。GPのガソリンに慣れていなく、数秒間、目の前が真っ白になってしまった。」

「アクセルを全開にプッシュしたけど、コーナーでのコントロールをサポートするシステムが機能していないことに気付いた。タイヤセンサーのトラブルだった。」

「再びV5で走れる機会を与えてくれたチームに感謝したい。それに、以前よりも1.5秒ほど速く走れたから、ミシュランの支援にも感謝したい。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›