初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンシア、音響公害対策へ投資

バレンシア、音響公害対策へ投資

バレンシア、音響公害対策へ投資

最終戦バレンシアGPを開催するリカルド・トルモ・サーキットは、音響公害対策として、100万ユーロを投資することを決定した。

サーキットの経営陣は、サーキットでのイベントにおける近郊住民に影響する音響公害を緩和するために調査研究を実施。専門家はサーキットのドーム化より、スタンドに音響対策用のプレートを設置することが最善策であることを説明し、4ヶ月間の工事に着工することとなった。

サーキットのジェネラルマネージャーを務めるエドアルド・ノゲス氏は、「バレンシア州スポーツ課とチェステ市役所、音響公害の影響を受ける周辺住民と数ヶ月間に渡って、共同で仕事に取り組んできました。住民が快適な生活を過ごせるように環境を改善しなければいけないことで一致し、この計画を進めています」と、説明した。

「辛抱強く、この問題に協力してくれた住民に感謝します。第1段階として、メインストレートの入り口と北スタンド、東スタンドにプレートを設置します。」

Tags:
MotoGP, 2005

Other updates you may be interested in ›