初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ポジャーリを陰で支えるR.セサリーニ

ポジャーリを陰で支えるR.セサリーニ

ポジャーリを陰で支えるR.セサリーニ

マヌエル・ポジャーリは、前戦チェコGPで通算100戦目を達成。伯父ロベルト・セサリーニは、元王者の活動を常に陰から支援している。

「彼はいつも通りです。マヌエルを良く知っていますが、勝つ時も負ける時も同じ人物です。毎年、タイトルを制覇することを目標にシーズンをスタートしますが、昨年は複数の要因により、今年はその可能性があるように物事が進んでいませんが、まだ数戦が残っています。いいレースができます」と、サンマリノ人ライダーの伯父は語った。

セサリーニは、クラスで最も安定した走りを見せるポジャーリが250ccクラスに復帰し、将来MotoGPクラスに参戦することを夢見ていることを示すと同時に、父親の死去が人生で最も辛い時期だったことを明かした。

「まだ22歳ながら、素晴らしい瞬間を何度も迎えました。ルマンでは初優勝を、バレンシア(03年250ccクラス)とリオ(01年125ccクラス)では、タイトルを父親に捧げました。」

「彼にとって、最も辛かったのは初のフル参戦シーズン。アッセンでのグランプリ中に父親他界の知らせを受けました。非常に悲しい時期でした。」

Tags:
125cc, 2005

Other updates you may be interested in ›