初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

松戸直樹、最高峰クラスに初挑戦

松戸直樹、最高峰クラスに初挑戦

松戸直樹、最高峰クラスに初挑戦

FIM国際モーターサイクリズム連盟は、今週末に開催される日本GPのワイルドカードライダーを発表。MotoGPクラスには、松戸直樹がモリワキレーシングから参戦する。

「すごく楽しみです」と、最高峰クラスへの初挑戦を目標としている松戸は興奮気味に語った。

昨年末、MotoGPクラスのWCMや250ccクラスの複数のチームから参戦の打診があったが、最終的にモリワキレーシングから全日本スーパーバイク選手権するオファーを承諾。「この週末に、将来のことをよく考えて、今年の初めの決断が正しかったことを証明できます。当初はMotoGPへの参戦は予定に入っていませんでしたが、8耐終了後に森脇監督から『日本GPには松戸に走ってもらう』と言われた時には、まさに青天の霹靂という感じでした。」

「もし、他のオファーを受けたとしても、例え1戦だけでもモリワキから、ホンダのエンジンを積んだバイクで参戦した方が大きくアピールできるはず。1度、鈴鹿でテストしましたが、エンジンのポテンシャルを確かめ、タイヤも違和感がなく乗れました。今週末は思いっきり走り、トップ10入りを目指します。そして、来年につなげたいです。」

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX OF JAPAN

Other updates you may be interested in ›