初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

好調J.ロレンソ、一番時計

好調J.ロレンソ、一番時計

好調J.ロレンソ、一番時計

シリーズ第12戦日本GPのフリー走行1は16日、ツインリンクもてぎで行われ、ホルヘ・ロレンソがトップタイムをマークした。

気温32度。路面温度37度のドライコンディションの中、急成長する中量級1年目のスペイン人ライダーは、終始セッションをリード。1分53秒233をマーク。地元青山博一に0.145秒差をつけて、トップに立った。

全日本ランク1位の青山周平は、コンスタントに上位をキープ。アレックス・デ・アンジェリスとセバスチャン・ポルトに次ぐ5番手に入れば、ケーシー・ストーナー、高橋裕紀、アンドレア・ドビツィオーソ、エクトル・バルベラが続く。

日本勢では2度目の挑戦となる横江竜司が14番手。関口太郎が20番手。高橋江紀が22番手。徳留真紀と秋谷守は27番手、30番手だった。

ポイントリーダーのダニ・ペドロサは、転倒を喫した際に左手首と背中を強打。メディカルセンターに運ばれた。

Tags:
250cc, 2005, GRAND PRIX OF JAPAN, FP1

Other updates you may be interested in ›