初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM勢独占!

KTM勢独占!

KTM勢独占!

シリーズ第12戦日本GPのフリー走行2は17日、ツインリンクもてぎで行われ、KTMの3人がトップ3を独占した。

気温24度。路面温度26度のドライコンディションの中、暫定5位のガボール・タルマクシがトップに浮上する1分58秒480をマーク。暫定ポールポジションのミカ・カリオと暫定15位だったフィリアン・シモンが続き、オーストリアのファクトリーマシンがストップ&ゴーのコースで好パフォーマンスを発揮した。

アプリリア勢では1人、エクトル・ファウベルが奮起。4番手に入れば、ポイントリーダーのトーマス・ルティ、小山知良、マイク・ディ・メッリオ、ファブリツィオ・ライのホンダ勢が続いた。

暫定11位の葛原稔久は25番手。高橋巧は29番手。濱本裕樹は33番手。葛原大陽は35番手。森新が36番手。岩田裕臣と花房一樹は39番手、41番手だった。

Tags:
125cc, 2005, GRAND PRIX OF JAPAN, FP2

Other updates you may be interested in ›