初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

WUP:カピロッシ、ペドロサ、カリオがトップ

WUP:カピロッシ、ペドロサ、カリオがトップ

WUP:カピロッシ、ペドロサ、カリオがトップ

シリーズ第12戦日本GPのウォームアップ走行は18日、ツインリンクもてぎで行われ、ロリス・カピロッシ、ダニ・ペドロサ、ミカ・カリオがそれぞれトップタイムをマークした。

気温32度。路面温度34度のドライコンディションの中、ポールポジションのカピロッシは1分47秒592をマーク。2番グリッドのジョン・ホプキンスが続けば、セテ・ジベルナウが3番手に浮上。タイトルに王手のバレンティーノ・ロッシは4番手。ケニー・ロバーツ、玉田誠、中野真矢、カルロス・チェカ、マックス・ビアッジ、コーリン・エドワーズが続いた。

250ccクラスでは、左手首や肩を負傷しているペドロサが、ポールポジションの青山博一と青山周平を抑えて、トップタイムをマーク。今季最高の6番グリッドを獲得した高橋裕紀は4番手。アンドレア・ドビツィオーソが続き、関口太郎は22番手だった。

125ccクラスは、タイムアタック中に転倒を喫して1列目を逃したカリオがトップ。ポイントリーダーのトーマス・ルティ、ポールポジションのガボール・タルマクシが続き、葛原稔久と小山知良は9番手と10番手だった。

Tags:
MotoGP, 2005, GRAND PRIX OF JAPAN, WUP, Mika Kallio, Dani Pedrosa, Loris Capirossi

Other updates you may be interested in ›