初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

D.ペドロサ、負傷回復

D.ペドロサ、負傷回復

D.ペドロサ、負傷回復

日本GPで3度の転倒を喫し、体調不良の状態ながら、2位でフィニッシュしたダニ・ペドロサは、少しでもベストコンディションで決勝レースに臨めるように休息に専念している。

ポイントリーダーは連続転倒により、左手首、右肘、特に左肩にダメージを得て、レース後には1人ではヘルメットを脱ぐことも、バイクから降りることもできなかったが、徐々に回復していることを語った。

「日本よりも落ち着いた週末になることを願う」と、昨年は独走優勝した19歳のスペイン人は説明した。「腫れを癒すために氷を患部に当てて、肩の状態は少しずつ良くなっている。ここ数日間はゆっくり休むことができた。日本では疲労困憊だったけど、期待していた以上のリザルトだった。」

「だけど、1週末で状況が急転してしまうから、引き続き集中して取り組まなければいけないことを示してくれた。唯一の心配事は、金曜の初セッションから全力で仕事が始められるように最善の体調に戻すことだ。」

Tags:
250cc, 2005, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Dani Pedrosa

Other updates you may be interested in ›