初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

K.ロバーツがウェットセッションを制覇

K.ロバーツがウェットセッションを制覇

K.ロバーツがウェットセッションを制覇

シリーズ第13戦マレーシアGPのフリー走行2は23日、セパン・サーキットで行われ、ケニー・ロバーツがトップタイムをマークした。

125ccクラスの公式予選1の際に降った雨の影響により、ウェットコンディションでスタートした2度目のセッションは、雨のイギリスGPで2・3位を獲得したロバーツとアレックス・バロスが支配。前戦は2度のエンジントラブルに見舞われた中野真矢が、最終ラップに一気に0.293秒差に接近する3番手に浮上した。

前戦日本GP勝者のロリス・カピロッシ、ポイントランク3位のコーリン・エドワーズ、雨の中国GPで2位を奪取したオリビエ・ジャック、日本GPで自己ベストの5位を奪取したジョン・ホプキンス、03年250ccクラスで優勝経験があるトニ・エリアスが続いた。

最高峰クラス5連覇達成へ2度目の挑戦となるバレンティーノ・ロッシは、セッション終盤にコースアウトを喫し、9番手スタート。右足を負傷しているマルコ・メランドリは、意欲的に走って10番手だった。

地元で今季初の表彰台を獲得した玉田誠は12番手。午前のフリー走行1でサーキットレコードを上回る快走を見せたセテ・ジベルナウは13番手。02年勝者マックス・ビアッジは14番手。トロイ・ベイリスの代役として初めてRC211Vを駆けたシェーン・バインは最多の19ラップを走り、18番手だった。

Tags:
MotoGP, 2005, MARLBORO MALAYSIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2

Other updates you may be interested in ›